FX口座は日本のものばかりでなく、海外の口座も選ぶとよりリスクが分散します。

最近FXがとても話題ですね。やはりこのデフレのご時世ですから、就労以外の事で収入を増やすことを考えるのは当然の心理です。やはり言葉の壁がない事や、日本は世界の中でも最も対応がきちんとしている国ですからお金の事を扱うのなら日本のものが安心というイメージを持つのも当たり前の事です。とは言ってもひたすら日本の口座のみを持っていたり、日本円を持ち続けることも意外とリスクある行為にもなりうるという事はご存知でしょうか?もちろん、日本の口座や日本円が悪いとは申しません。とは言っても、こんなことは起きて欲しくありませんが、日本に何かがあれば日本の口座や日本円で固まって持っていると大打撃を受ける可能性があります。投資の世界で大切なのはとにかく「リスク分散」です。一つの口座や一つの通貨をひたすら持つより、複数の口座や複数の通貨を持つ事でどれかの「もしもの時」に備えることができます。確かにその何かが起こった国の通貨は打撃を受けるかもしれませんが、分散して持っていれば大打撃となる事はありません。

ですので、日本の口座や日本円を大事に持ちつつも、海外の口座にも対象を広げてみてはいかがでしょうか?色々な海外のFX口座がありますが、中には日本人スタッフを数名抱えている業者もあるので英語が苦手という方も安心です。さらに興味深いのは海外口座の中には「イスラムアカウント」なるものがある事です。この「イスラムアカウント」なるものですが、イスラム教を信仰している方は金利でお金儲けをする事を宗教で禁じれています。そういうイスラム教徒の方も口座開設が出来るように配慮してスワップ金利が付かないFX口座のことです。しかもこのイスラムアカウントはイスラム教徒でなくてもそういう設定をすることは可能との事です。取引手数料を取るところもありますが、それが無料の所もあります。つまりはこの特徴を使ってリスク管理をする事が出来るのです。

例えばですが、スワップ金利が高いAUD/JPYという通貨ペアは買いで持つとプラスのスワップ金利が付きます。でも、売りで持つとそれ以上のマイナススワップになります。でも、イスラムアカウントで売りポジションを持つ事で含み損を持つ事無くスワップ金利のみを受け取るという投資方法も可能になってきます。日本のFX口座のみならず、海外の口座も保有することでリスク管理が出来たり、投資の幅が広がったりするので良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*