中古の業務用フライヤーでたくさんの揚げ物をする

業務用フライヤーでも中古のものは、価格的にも安いので、お店を開店したりする時に、お勧めのフライヤーです。業務用なので、一度に多くのものを挙げることができるので、揚げ物を売るお店には、大変重宝していると思います。業務用は、タイマーのセットも出来るので、同じ揚げ時間にすることが出来るのが、魅力的なところですね。私もお店で業務用のフライヤーを使ったことがありますが、一気に、かなりの数のものを揚げることが出来たので、お客様が多く来られても、対応できたことがよかったですね。また、一日油で揚げていると底にかすがたまることが多いので、定期的に掃除をすることが大事なのです。掃除をする日として、効率がいいのが油の交換をする時です。揚げ物を何度もしていると、油も茶色くなってくるので、交換をすることが必要になるのです。交換をする時は、フライヤーの下に油の入っていた缶をおいて、レバーを下げると油が落ちる仕組みになっているので、交換が楽に出来ますね。缶に入れた後は、缶が油の熱で熱くなっているので、缶の両側を折り曲げると運びやすくなるのです。

業務用フライヤーの中古利用

今、悩んでおります。新たに、業務用フライヤーを導入しようと考えているのですが、その費用。思ったよりも、かかるんですね。今までは、大鍋を利用して、揚げ物のオーダーに対応しておりましたが、やはりコンロを1つ潰してしまうので、繁忙時には火口を確保するだけでもやっとのことです。幸い、スペースが空いていますので、そこを利用して、業務用フライヤーを設置しようと決めたまでは良かったのですが、コストが思ったよりもかかる。そんな中、見つけました。比較的、綺麗に使われ、手入れも行き届いている良品を、先日見つけました。最初は、中古なんてとも思っておりましたが、結局、使って行くうちに汚れていくもの。だったら、そんないう選択も悪くないかなと思っております。今は、専門のお店もあって、実際に目で確認することもできますし、同じ職業の方に伺う機会がありましたが、その方も中古を上手く使っているようです。

唐揚げ関係のお店なら業務用フライヤーを中古で調達

ファストフードに関するお店を経営したいと考えています。しかし、フランチャイズなどでは面白くありません。利益が出れば、その一部をロイヤリティとし手渡さなければならないからです。ノウハウなどを手に入れることはメリットですが、24時間営業などを行わないといけないとなると、人を採用する必要もあります。昼ごろから夜にかけて自分なりのペースでお店を運営できれば良いと考えています。軌道に乗れば、大きくすることも考えています。面白い店としては、唐揚げ関係の店を考えています。スパイスを自分で調合して、揚げたてを売るシステムです。業務用フライヤーが必要になりますが、大きい物になると高いです。新品で調達したとしても、利益が出るかどうかわかりません。その場合においては、中古での調達を考えます。専門の業者のところにおいてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*